家の中でダニが多いのは

家の中のあらゆる場所にダニはいます。
そして、そこで繁殖して数を増やします。

 

人が生活している場所に、必ずダニはいると考えていいと思います。

 

家の中でもダニがたくさんいる場所は、エサが豊富にあり、湿度が高い場所です。
エサが豊富で、湿度が高い場所は、ベッドや布団です。

 

 

ベッドや布団は、寝てる間に出てくる体からの汗によって、敷き布団・掛け布団・まくらが湿り、布団やまくらの内部は湿度が高くなります。
ダニのエサとなるのは、人間のフケやアカです。寝てる間に、たくさんまくらや布団につきます。

 

布団やまくらは、人間の頭皮や皮膚が直接つくので、フケやアカなどのダニのエサが、布団やまくらにしっかりと蓄積されていきます。

 

エサとなるフケやアカが豊富で、湿度が高い布団やまくらの内部は、ダニにとってはとてもいい環境になります。
繁殖しやすい場所になるベッドや布団は、家の中で最もダニが多くいる場所になります。

 

ダニを増やさないためには

ダニをもう増やしたくない場合、ダニ退治をし続ける必要があります。

 

全滅させたい方もいると思います。
そんな時は、駆除業者にお願いするほうがいいですが、自分でやるなら少しずつ駆除するしかないです。

 

どうやってダニを減らしていけばいいのか?
ダニ対策は、ポイントがあります。

 

・生きているダニを死滅させる
・ダニの死骸と糞をキレイに掃除する

 

手間ですが、確実に減っていきます。
ダニがいるすべての場所で、続けていくことが大切です。

 

アレルギーを引き起こすダニとは

ダニアレルギーの原因となるダニは「チリダニ(コナヒョウヒダニ・ヤケヒョウヒダニ)」がほとんどです。
チリダニ(コナヒョウヒダニ・ヤケヒョウヒダニ)が家の中のダニのほとんどこの2種類のダニです。

 

チリダニの消化管にある酵素(タンパク質)がアレルギーの原因物質になる「アレルゲン」になります。
ダニアレルギーの原因となるダニのアレルゲンは、生きてるダニではなく、死骸や糞に多く含まれていて、その死骸や糞を吸い込んでダニアレルギーが症状ででるわけです。

 

ダニはすぐに死にます。
その死骸が、アレルゲンとなり、布団の奥に蓄積されていきます。

 

死骸がたまると、その死骸をエサにする「ツメダニ」が増えます。
「ツメダニ」が人を噛むので、ダニに噛まれる症状がでるようになります。

 

ダニアレルギー対策は、生きてるダニの駆除だけでなく、死骸と糞をキレイに掃除することも大事です。

 

ダニの死骸を出さない駆除方法

ダニの駆除と、死骸と糞をキレイにそうじするのは、とても大切な対策方法です。
ただ、この対策方法は、とても時間と手間がかかります。

 

家事と育児におわれていたら、ダニ対策も丁寧にやってたら時間が足りません。
そんな方に、生きたままダニを集めて駆除するマット「ダニ捕りロボ」がおすすめです。

 

生きたままダニを集めるので、死骸の掃除がいりません。
死骸がないので、死骸を食べる他のダニが増えません。

 

少し値段が高めですが、効果を実感されてる方が多い商品です。

 

ダニ捕りロボ


 

ダニ捕りロボ 詳しくはこちら

 

天然由来の材料だけを使って作られています。
殺虫成分などは一切使用していないので、安心して使えます。